お問い合わせ English
大田区ものづくり 研究開発マッチングシステム

株式会社 KDA (けーでぃーえー)

金属や他材質からの樹脂化(プラスチック化)を実現します。 

  • PEEK樹脂基本形状素材
    PEEK樹脂基本形状素材
  • PPSU樹脂製透明サニタリー管
    PPSU樹脂製透明サニタリー管
  • PEEK樹脂大型製品
    PEEK樹脂大型製品

これまでの金属又はその他材質のパーツを樹脂化します。強く、軽く、熱・薬品・静電気などにも強いエンジニアリングプラスチックをご提案し、ご希望の設計に適った製品を製造します。

主要事業、および得意技術や自社製品のご紹介

<PPSU樹脂製透明サニタリー管>
透明で中の流体が良く見え、熱・薬品・衝撃に強く、1000回を超えるオートクレーブ滅菌(高圧蒸気滅菌)にも耐えられる(※耐加水分解性)、PPSU樹脂製のサニタリー管を製造販売しています。従来の透明サニタリー管は、ガラス製、又はPPSUの製品もありましたが、分厚く強度をUPさせた製品を開発しました。1S~3Sまでを規格化し、汎用クランプも使用できるフェルール部を備えています。食品、医薬品、各種製造ラインでの納入実績が多数あります。

<PEEK樹脂製基本形状素材>
PEEK樹脂の角板、丸板、リングの三種類の基本形状を、薄さ1~35mmまで、外径100~360、□100~□400まで、各サイズを規格化し、製造販売します。 これらPEEK基本形状素材に少量の加工を施し、製品(例えば半導体研磨装置用リテーナリングなど)を製造する事も可能です。機械的強度、連続使用温度250度、耐薬品、耐加水分解性などPEEKの特性を活かしたパーツを、効率よく、コストを抑えて製造するのに役立ちます。

<PEEK大型極厚製品>
例えば、薬液に侵されにくい、不純物を出しにくいというPEEKの性質を利用し、電子部品の薬液処理工程で使用されていた大型の円筒状パーツ(外径約350×高さ150×肉厚40)等をPEEKに変更。 劣化により交換が頻繁だった状況を、PEEK化によって寿命が10倍以上も延び、問題をクリア。一般的に、大型で分厚いPEEK製品は、製造が困難ですが、継ぎ目など一切なしの一体製品を、製造法の工夫により実現しました。
「株式会社 KDA」へのお問い合わせはこちら

登録企業一覧へ戻る