産学連携事業 医工連携事業 お問い合わせ English
大田区ものづくり 研究開発マッチングシステム

産学連携事業のご案内

大田区産業振興協会では、工学系大学をはじめ、大手企業の研究開発部門や公的研究機関との連携を推進することで、技術移転、共同研究、新製品開発などを促し、大田区企業の潜在的な研究開発能力を引き出すことを目的に産学連携を取り組んでいます。

<事業内容>

  • ホームページやメルマガによる産学連携情報発信:通年
  • 東工大技術交流セミナー:年12回
  • 各大学との技術交流セミナー:年4回
  • 大田区産学連携道場:年1回~ 2回
  • 産学連携技術相談(大学→協会←企業):通年
  • 新技術開発に関する助成金申請相談:通年

<連携大学>

関西大学、芝浦工業大学、昭和大学、首都大学東京、電気通信大学、東京工業大学、東京大学、東京工科大学、東京医科歯科大学、東京女子医科大学、東邦大学、鶴見大学、神奈川大学、日本大学、山形大学、早稲田大学 等

<協力団体>

■商工組合日本医療機器協会
■一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ

産学連携事業イメージ

産学連携事業のロードマップ

産学連携事業の施設間連携

大田区は、住工混在地域ながら区内製造業の操業環境を保持していくために賃貸型工場団地アパート、研究開発支援施設、創業支援施設といった産業支援施設を建設・活用し、大田区における工業集積の維持・発展のため製造業の環境整備を図っております。

<想定助成金>

  1. 新事業活動助成(大田区産業振興協会)
  2. 新製品・新技術開発支援助成(大田区)
  3. 課題解決型医療機器等開発事業(経済産業省)
  4. 戦略的基盤技術高度化支援事業(経済産業省)