お問い合わせ English
大田区ものづくり 研究開発マッチングシステム

株式会社 iMott (あいもっと)

セグメント構造DLC のオンリーワン企業です

S-DLC は曲げに強い!
S-DLC は曲げに強い!

東京工業大学発ベンチャー40号。セグメント構造DLC(S-DLC)の研究・開発を行っています。
装置販売・コーティングサービス・特許ライセンスは関連企業の(株)iQubiqが行います。

主要事業、および得意技術や自社製品のご紹介

◆特許技術 S-DLC(セグメント構造DLC)
DLC(ダイヤモンドライクカーボン)とは、高硬度・低摩擦・生体適合性・ガスバリア性・耐凝着性・耐腐食性などの特徴から、各製造分野での更なる応用が期待されているコーティング技術です。
DLCを碁盤目状の不連続な膜:「セグメント構造」で成膜することが、弊社の特許技術「S-DLC」です。S-DLCは、従来DLCの弱点であった剥離の伸展を抑制し、溝部分が応力を吸収・緩和することで耐摩耗性を向上させています。
また、低温(60℃~)での成膜が可能なため、ゴム・樹脂へも適用できます。

◆主要製品・ご提供サービス
◦フレッチングワクチン=フレッチング摩耗を予防する隙間基材。
 薄板などにS-DLCをコーティングし、摺動部の摩耗、固定部での
 フレッチング摩耗・アブレッシブ摩耗を低減します。
◦理美容はさみ「geek」=刃にS-DLCをコーティングし、耐久性を
 20倍に向上させています。
◦DCパルスプラズマCVD装置=納入実績5台。
 ユーザーの要望に沿った仕様での設計を致します。
◦試作成膜も承ります。新発想の次世代DLCをお試しください。

◆DLCの進化・可能性を追求
◦複雑な立体形状やパイプの内径へのS-DLCコーティング技術を研究中。
◦より低摩擦な膜(μ=0.05)、導電性を持つ膜など、お客様のニーズに応えるDLC膜を提供します。

国際規格などの取得状況/主な表彰履歴/開発実績 等

ISO9001 2007年取得
2017 年 第28 回大田区中小企業新製品・新技術コンクール「おおた秀逸技能賞」受賞(DC 単パルスプラズマCVD 装置)

主要設備

設備名・スペック 台数
DCパルスプラズマCVD成膜装置  30kWp 角型 1
DCパルスプラズマCVD成膜装置  30kWp 円筒型 1
微小硬度計 1
レーザー顕微鏡 1
ボールオンディスク摩擦摩耗試験機 1
光学顕微鏡・レーザーマーカー

企業DATA

TEL
03-6423-8314
FAX
03-6423-8312
URL
http://www.imott.co.jp/
連絡窓口
取締役会長 松尾 誠
設立年
2007年2月
代表者
代表取締役 岩本 喜直
資本金
1,000万円
従業員
5名
所在地
〒143-0013 東京都大田区大森南4-6-15テクノフロント森ケ崎402号室
関連分野
表面処理・塗装 金属板金加工 その他 一般機械、産業機械 治療機器
「株式会社 iMott」へのお問い合わせはこちら

登録企業一覧へ戻る